2006年08月21日
半年振りの新曲です。
シリアスでダークなメタルになりました。

今回は半年分の勘を取り戻すため、比較的得意分野で作ってみました。
製作期間はおよそ1ヶ月。
特にひねりはありません。
古くから私の曲を聴いている人からすれば「おっ、Azotらしいな」って感じだと思います。

じゃんじゃんダウンロードしてください♪
もちろん感想よろしゅう!




この曲の紹介については こちら
その他の曲については こちら
posted by Azot at 17:27 | ☔ | Comment(21) | TrackBack(13) | -作曲-
2006年08月01日
「M:I:3」を観てきました。
っていうか、このタイトルわかりにくくないですか??
あんまり誰もつっこまないのでいいんですけど…。

結論から言うと、2作目のほうが好きです。
というか、
『トム様は2作目のほうがかっこいいんだ!』
のほうが正しい。

また髪が短く戻ってるし…。

もっと映画の中身について書きますね。
また公開中なのでネタバレはしませんけど。

まず、一番感じることは「私生活を出したらあかんやろ!」ってことです。
詳しいことはよくわかりませんけど、スパイなわけですよ。
だって「スパイ大作戦」のリメイクなはずだから。
人それぞれ価値観やらこだわりはあると思いますけど、
私はスパイの私生活は見たくないですね〜。
生活観を出して欲しくないんですよ。なんとなく。
結婚も同じ。
いや、出してもいいんですけど、身分についてウソをつくなんて無理でしょう。
なぜかヒーローものってそういう傾向が強いですよね。
ギャップが重要なんでしょうか。
けど、「ありえないよ!」ってつっこみたくなるわけです。
ウソがつき通せるとは思えない。
それに、普通どこかでバレますよね。なら初めから話しておけよとつっこみたくなるんです(笑)
同じように現場を退いて、今では…という設定もなんだか不必要です。

アクションは良いですね。
トム・クルーズ曰く、「肋骨6本折れた」らしいというアクション。熱いです。
橋のシーンとかミサイル飛びまくりでもうすごい迫力。
映画館で観てよかった。
時々「これはもはや戦争だろ。スパイじゃねー」とも思いましたが、
すごけりゃなんでも許します。

ミサイル直撃をすんでのところで交わして、爆風で横にふっとばされるトム様。
車にわき腹直撃!痛そう!!!
予告でもよく観るシーンです。
どこで出てくるのかハラハラしながら観てました。
ああ!キターーー!!!みたいな。
すげー。


「ラビットフットって結局何だったの?」っていう意見がネット上に多いですけど
私はあまり気になりませんでした。
もちろん曖昧なままですけどね。
悪役のあの人の動機も良くわからん。
まぁ、いいでしょう。
だってトム様のトム様によるトム様のための映画だから。あーん、かっこええわぁ(爆)


次に問題点をまた書きます。
それは上司や、IMF(=インポッシブル・ミッション・フォース)の中身を
妙にリアルに出してしまっている点です。
たぶんシリーズ初だと思うんですけど。彼らの組織が明るみに出たのは。
それによってイーサン達が『単なるスパイの一人』であることがわかってしまった。
組織の一部であり、あえて言い換えるとサラリーマンなわけですよ。
なんかそこが悲しい。
スパイでかっこよくて万能なイーサン・ハントは孤高の存在なのに
なんだか普通の人になってしまってる感があります。それが悲しい。
そりゃあれだけいろんな準備をしたりするのに、大きな組織は必要でしょうけど…。
あえて見せる必要もないような…。

3作とも全て監督が違うので、ある意味しょうがないですね。
作風が違っても。
マスクや、声を変えてなりすますところとか、潜入とかスパイ映画の王道はきっちり守ってるので
その点では問題ないし、ばっちり楽しめました♪


補足。
なんとトム様、43歳らしいですよ!
そこが一番の驚き!!!!


補足の補足。
イーサン・ハントの奥さん役で出てきたジュリア(ミシェル・モナハン)は美人やね。けっこう意外にハマりそうです。



posted by Azot at 01:50 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | -Movie-
2006年07月25日
最近mixiをがんばっているので、
こっちのブログは主にレビューを載せてゆきます。
あるいは、語っちゃう系とか。

---------------------------

B'zのニューアルバム「MONSTER」買いました。
昔っぽくなったと噂が出てますね。なるほど。
確かに聴いてみるとそんな印象を受けます。
ジャケットも決して新しいというか、今風な感じでもないですよね。
(特にサングラスが 笑)

では、レビューです。
まだ聴きこみが浅いですが、さらっと書いてみます。

1. ALL-OUT ATTACK ☆☆☆☆

なんとなくタイトルからアルバムにありがちなイントロかと思いきや…。
のっけから古くさいハードロックですね。
初期のXを思い出してしまいました。
ただ、Bメロの独特のメロディ(和風とも言える)はB'zらしい「ひねり」が効いてる感じ。
ギターソロがツインギターだ!!熱いぜ!

2. SPLASH! ☆☆☆☆☆

シングルにもなった曲。実はアルバムで初めて聴いたんですが、これは良い!
上手く説明できないんですが、いろんな箇所(歌メロ、ギター、ベース、そしてカッティング!)がいかにもB'zって感じですね。
Bメロのコーラスも待ってましたという感じで。
あと、この曲(だけというわけでもないんですが)のディストーションが好きなんですよ。
具体的に言うと1:05、3:20の辺りです。

2:40で懐かしいフレーズが。これはもしや「Be There」!?

3. ゆるぎないものひとつ ☆☆☆

これもシングル。
「野生のENERGY」と同系統のミドルテンポの曲という印象。
シングルというかアルバム用かなぁ。
特別ここが良い!というのはないんだけど、さらっと聴けて良い。
ここまで来るとただの思い込みかもしれないけど、ギターソロもなんとなく昔っぽくて素敵☆

4. 恋のサマーセッション ☆☆

これ、凄いタイトルですよね。モーニング娘。かよ!みたいな(今頃そんなこと言う人もいないんだろうか…)ブラスを使うのもけっこう久しぶりなのでは??
この曲でまた気付きましたよ。これは思い込みではない。
やっぱり昔っぽい。
クリーントーンのカッティングと、このコーラス。リズムも他とは違いますね。
Aメロは誰の声やねんと思ってしまいましたが…。

5. ケムリの世界 ☆☆☆☆

けどやっぱりAzotはハードロック好きなので、こういうのが好きですね(笑)
歌詞はあんまり見てないからよくわからないんだけど、どうしてもB'zが「ケムリ」なんて言うと
「Purple haze」な感じがするわけですよ。ジミ・ヘンドリックス。

これって誰も感じないかもしれないんだけど、イントロのギターリフのトーンは
Rainbowっぽいですよ。いやぁ、明らかに。リッチー・ブラックモア。
ロックの王道的リフがいくつも出てきて楽しい。

6. 衝動 ☆☆☆☆

これもシングル。前作「愛のバクダン」みたいな位置付けか。
正直こっちのほうが好きかな。
まぁノリ重視な曲だから、そんなに書くこともないんだけど(笑)

7. 無言のPromise ☆☆☆

似たようなコメントになるけど、前作「睡蓮」と同じ位置付けになるバラード。
おっと…それはまずいか。。だって「睡蓮」のほうが好きだし(苦笑)
サビメロは断然睡蓮です。個人的には。
ただ、2:47からの展開は良いですね!ピアノが美しい!素晴らしい!!
そして怪しげなコーラスが(笑)中国語??

8. MONSTER ☆☆☆☆☆

これは凄い!!!!
まず、イントロでツェッペリンの「カシミール」を思い出す。
それはどうでもいいけど…。
中近東ストリングス(?)が絡むのがまた意外。

けどその後はギターがヘヴィなだけのハードポップ。
このギャップが熱い。
ギタートーンは「Brotherhood」とかの頃に近いかな。
これだけヘヴィなのに歌メロの最後はメジャーキーなのだ。

9. ネテモサメテモ ☆☆☆

一瞬、ブルース??と不安になったけど、その後のフレーズは
「煌く人!」な感じがしました。冒頭30秒。
バリエーション多し。
サビの後半、コード進行で押してゆくところがありますよね。ここが好き。
共感する人もあんまりいないだろうけど…。
けっこうCメロ〜ギターソロ辺り、めちゃめちゃ(強引な)展開しますよね。
ギリギリだな(笑)
最後のサビに入る瞬間のシャウト?が必死すぎて笑える。

10. Happy Birthday ☆☆☆☆

ライブでやってた曲らしいですね。
すごくポップな感じなんだけど、がっつりバッキングでギター弾いてます。
ミュートが心地良い。
こうでなくては。さすが和製ハードロックB'z。
心地良いといえばかすかに入っているオルゴールみたいな音も良いね。

11. ピエロ ☆☆☆☆☆

これが意外な衝撃。思わず☆5つ付けます(笑)
もっとふざけた曲かと思ったんだけど(笑)めちゃめちゃシリアスでやんの。
Aメロのリズム(シャッフルだ!)と、サビのキャッチーさがポイント。
稲葉さんのソロに近いものがあったな…。The Raceかな?
3分少々で終わるなんてもったいない。

12. 雨だれぶるーず ☆

これは微妙だなぁ…。
7thブルースの頃を思い出すような…。

13. 明日また陽が昇るなら ☆☆☆☆

ピアノが美しい。
前向けなエンディングは必要やね。
リズムをあまり変えないいかにもB'zのバラードだ。
前作「Brighter Day」にも近い。あれも良かったな。

2番から絡むギターがかなり自己主張していて良いですな。
ギターソロがないに等しいのは寂しいけど。

14. OCEAN ☆☆

これもシングルだけど、あんまり好きではないなぁ。
「明日また陽が昇るなら」で終わるほうが良いと思う。


結局振り返ってみると、安心して聴けるアルバムです。
王道を楽しみながら、「MONSTER」でびっくりして
そして「Happy Birthday」で新しい魅力に気付く。
もっと聴きこんでみようと思わせるものがありますね。

posted by Azot at 12:33 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | -Music-
ウェズリー・スナイプス主演のドタバタ吸血鬼アクション(?)最終章。
一作目「ブレイド」の衝撃はすごかったですね。
大学時代、バンドのドラムくんが教えてくれたんですよ。
「Azotくん!マトリックスが好きならお勧めがあるよ!笑えるよ!」
こうして僕はブレイドと出会いました。

彼が押したポイントは、これです。
「主人公が全然主人公らしくない。むしろ悪役(笑)」

そんな先入観を抱いたので(たぶんそうでなくても結果は同じ)
そのまんまな印象でしたね--「主人公、怖っ!」
黒人マッチョやん。
けど、アクションはカッコイイ。あの図体で決める動きが不思議と軽やか。

まぁ、ようは人間とヴァンパイアの混血=デイウォーカーがばっさばっさと
ヴァンパイアを飼ってゆくという話ですわ。
3作目の今作は、シリーズ完結編ということで、最強の敵が現れる!!
全てのヴァンパイアの始祖である「ドラキュラ」だ!

ん?ヴァンパイヤとドラキュラの違いって、そういうことなの??
その辺がまずよくわかりませんでしたが。。まぁいいか。

先に言っておくと、この映画、アクションは素晴らしいです。
銃も剣も肉弾戦も適度に散りばめられていて。矢やブーメラン(みたいなもの)など
様々な武器も出てきます。散ってゆくヴァンパイアのエフェクトもかっこいい!!!
これぞブレイドシリーズ共通の面白さ。

けど、ストーリーについてはつこみどころ満載ですよ!
そういう趣旨の映画ではないから全然いいんだけど。。
ドラキュラは全てのヴァンパイアより強いんだろうっちゅうのはまぁわかる。
日光に当たっても大丈夫なのもありかもしれない。
この調子だとおそらく銀も効かないだろう。
けど、けどね、「誰にでも変身できる能力」はありか??
そりゃ、まったく別の能力でっせ。

ドラキュラってね、かくあるべしっていうこだわりがあるんですよ。
悪のカリスマとして。
けどブレイド3ではマッチョのおじさんです。
「戦い」とか「誇り」とかを大切にしているらしいので、そういう意味では正しい配役かもしれないけど…なんかプロレスラーみたいですよね。。

冒頭にブレイドが人間に捕まってしまうのもなんだかなぁ…。
アイデアとしては良いんだけど。盲点をついてて。
けどちょっと情けない。

あ、最後に。
「ウィスラーの娘」であるアビゲイルはかわいくて良いです(笑)
この人もずいぶん唐突に出てきた感があるけどね。

なんだかんだ言って楽しめましたよ。
シリーズ完結というのはちょっと寂しいですな。


↓ジェシカ・ビールのインタビュー
http://cinematoday.jp/page/A0000805

↓Azotの思う、ドラキュラ像
http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/vanhelsing/cast/2.html
ヴァン・ヘルシングに出てきたドラキュラさんです。

------------------------

たまたま気付いたんだけど、ヴァン・ヘルシングでドラキュラを演じた人って
M:I-2で悪役の右腕となっていた人やったんやね。知らんかった…。


posted by Azot at 12:15 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | -Movie-
まずはじめに。
管理人のAzotです。
左の「カテゴリ」から記事をお選びください。

---------------------------------------------------------------

-Music-
こちらもご覧ください

---------------------------------------------------------------
-Movie-
こちらもご覧ください

---------------------------------------------------------------
-Book-

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
プロフィール
作ってる人は、こんな人。
名前:Azot / あぞっと :カタカナ不可
年齢:27
誕生日:1977/11/6
性別:見た目は男性 / 精神的には女性
職業:SE / 事業家 / 思想家
ウェブサイトURL:http://azot.cool.ne.jp/
メールアドレス:believe_azot@hotmail.com
その他:
[愛するアーティストたち]
・Yngwie J. Malmsteen
・SymphonyX
・Kelly Simonz
・Dream Theater
・Devin Townsent
・KMFDM
・Cocco
・L'Arc-en-Ciel
・KAN

[気になる思想家たち]
・キルケゴール
・ウィトゲンシュタイン
・ニーチェ
・村上春樹

------------------------

メインサイト-Believe-もよろしく。

↓こちらからどうぞ


Believe Weblogは..
・トラックバック歓迎です
・コメントも頂けるとなお嬉しいです


「アフィリエイト」をはじめる際のASPは「A8.net」をオススメします! (Azot)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。