2006年05月30日
この数年、大きく進化したと思う。
特に、自分の能力に関してはポジティブに考えるようになった。
「自分にはできない」とは考えなくなってきた。

けれどどうしても一つだけ、ネガティブに考えてしまうことがある。
それは過去だ。
「過去は変えられない」この悩みだけは全然消えない。

映画「タイムマシン」の主人公も似た思いに取り付かれていた。
それは「what if..(もし、こうだったら?)」だ。

よく「過去を懐かしむ」なんて人は言うけど
僕にとっては過去なんて悲しむものであり、憎むべきものであり
絶望するものなのだ。

昔から「時間」に関することには興味が合った。
映画「バックトゥザフューチャー」を初めとするタイムトラベルものに魅せられた。
そしていつしか大学で物理を学ぶようになって、時間を少し学問として
考えるようにもなった。
エントロピーの法則とかね。どうやらいわゆる「時間の矢」については
エルゴート仮説が関係しているらしい。

けど、物理は結局自分が知りたいことを教えてはくれなかった気がする。
勉強にはなったけど。

次第に僕は「記憶」や「運命」とかに惹かれるようになってゆく。
全ては決定されているのではないか?
僕らは、それをなぞって生きているだけではないのか?
そしたら自由意志はどうなる?


中島義道さんの「後悔と自責の哲学」という本を買った。
この本で出てくる彼の考え方にはかなり共感を持てる。
興味のない人からすれば単なる思想の羅列や言葉遊びにしか見えないかもしれないけど
彼が「過ぎ去ったことを悔やむ」ことを哲学的問題だと捉えていることが嬉しい。

哲学は問いから始まる。
これは、立派な哲学的問いだ。
僕は何年もこの問題に取り組んでいる。

posted by Azot at 11:21 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | +思想の果て+
2006年05月23日
先日紹介した、韓国のギタリスト「JerryC」による
熱い音源をまたまた見つけました。

↓こちらから
http://video.google.com/videoplay?docid=-6582255469411323659&q=jerryc

カノンの場合は、
・テクニックはまぁまぁすごい
・メロディも良い
・アレンジ素晴らしい
みたいな印象だったんですけど、こっちを聴いてさらにテクニックがすごいなと感じましたね。基本的にはジョー・サトリアーニ風な「ロックだけど、テニックがすごい!」みたいな路線です。後半の超高速タッピングが鬼!
他にももっと聴いてみたくなってきました。
また、よく見るとカノンの時よりかっこよく見えるから不思議(笑)
メジャーデビューしないのかな?
posted by Azot at 01:11 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | -Music-
2006年05月22日
私的には「ありえねー」というくらいの話なんだけど
彼女さんがなんとあの名作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見たことがないそうな。
ありえねーーー!

というわけで、レンタルで一緒に見ました。
私は昔ビデオを3巻所有していたんですが、どっか行ったので(実家??)
見るのは結構久しぶりだったりします。

で、久々に見た感想ね。
なつかしーーーーー!
自称ファンだけあって、けっこう細かい所も覚えてましたけどね。
さすがに名作と呼ばれるだけありますよ。何度見ても面白いな。
当時はとにかく斬新的だった「車がタイムマシン」という設定。
30年代と言う現実的な(?)設定。
若さあふれるティーンエイジャー。
張りまくりな複線。一貫性。統一性。市長やドクのクセとか…。
ああ、素晴らしい。

今回は1作目だけ見たけど、早く2作目も見たいな〜。
見た人はもちろんわかるはず。あれこそが最高傑作ですよね。
まさかあれがああなるなんて…。
ほんと、奇跡のような芸術作品ですよ。

あ、あと若い頃のロレイン(リー・トンプソン)
めっちゃかわいいね。昔この映画を見たときはあんまり気付かなかったけど。
マーティを見るロレインの目が完全に『恋する乙女』になってる(笑)
なんてかわいいんだ…。

↓数年後の写真っぽい。確かにけっこうかわいいかも
http://www5f.biglobe.ne.jp/~ana/lea_thompson.html

↓今ではもうこんな老けてしまったのか??…がっかり
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=ps&id=46703

まぁ、それはいいとして。。
名作って歴史に残るんですね。何回見ても名作ですね。


posted by Azot at 01:44 | ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | -Movie-
2006年05月15日
「パッヘルベルのカノン」って有名ですよね。
有名すぎて、アレンジも数多い。
メジャーなところで言うと、山下達郎か。
マイナーなところで言うと、KellySimonzかな(笑)

まぁともかく、カノンのアレンジは数多くあれど、
最近ネット界を賑わせているものがある。
それが「JerryC」というギタリスト。台湾のギタリストらしい。
講師もやっているそうな。

↓まぁ、まずはこれを見てみよう。
http://video.google.com/videoplay?docid=1491516901670441597

どうですか?普通にかっこよくないですか!?
なんつーか、Happyなサウンド(何それ)ですよね。
このテンションがいい!
あからさまでない、さりげないこのテクニックが良い!
単に巧いとかだけではなく、魅力的なんですね。フレーズやトーンなどが。
最後のほうにマイナーに移行するのもすごい(これはどういうスケールになっているんだ??)
一聴の価値ありですよ。



[参考]

↓こちらはJerryCのファンサイト
 カノンをコピーした人がこんなに!!
http://www.jerryc.co.uk/

↓この人も巧い。タッピングがすごい!
http://www.kotaro269.com/archives/50233137.html

↓「パッヘルベルのカノンと日本のヒット曲」
http://club.pep.ne.jp/~masa.w/pkanon.htm
posted by Azot at 01:38 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | -Music-
2006年05月03日
そう、最愛のボーカリスト「デヴィン・タウンゼント」の最新アルバムを買ってきました。
もうなんていうか、めっちゃワクワク。
彼は優れたプロデューサーでも、もちろんギタリストでもなく
ボーカリストとして最強だと信じています。
ああ、あの喉、あの声が欲しい…。
泣きとシャウトを併せ持つ、神の声…。

で、ニューアルバムの話。
「SYNCHESTRA」というアルバムです。
3年前に出した「TERRIA」に似た雰囲気らしいと言う情報はあったけど
確かにそんな感じかな。というか、結局どこを切ってもデヴィンなんだけど…。

今回はアコギから始まるからとっつきやすい印象。
まだこれからゆっくり聴きこんで行くけど、今のところ3曲目が良い。

ちなみに、DVD付き盤のほうを買いました。
こっちのほうがおすすめ!!
過去の曲をライブ(と言ってもスタジオですが)演奏してくれてます。
うおー。動くデヴィン初めて見た!
ちゃんと歌ってる!!
ってか、見た目がほんとに仙人みたいだ!(笑)
こうして過去の曲を動くデヴィンと楽しんでいるとまた新鮮です。
新しいアルバムを聴きながら、古いのも聴きたくなる瞬間ってすごく幸せですよね(笑)
難解とも言われるデヴィンの作品ですが、ひょっとしてやっとこさ自分の理解が追いついてきたのだろうか??


いくつかレビューを載せているサイトを挙げておきます。
http://www.geocities.jp/roomoftt/prb_devin_townsend.htm

↓ここは全アルバムのレビュー付き。参考になります。
 よく見たら8枚も持ってました。私。
http://tcr1hp.hp.infoseek.co.jp/music/devin.htm

http://nekopoku.tea-nifty.com/eririn/2006/04/synchestra_the_.html

posted by Azot at 01:35 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。