2006年06月22日
購読しているメールマガジンに面白い話があったので
今日はここから引用したネタです。

↓まず、原文はこちら。
http://blog.mag2.com/m/log/0000145862/107372182?page=1#107372182

要約します。
あまり自分の容姿に自信のない女性が主人公です。
周りからきれいともかわいいとも言われない。
けど、その彼女がある日
"ポカリスエットのCMに出ている「綾瀬はるか」に似ている"
と、突然言われる。
まったく似ているとは思えないが、その日以来綾瀬はるかが気になるようになってしまった。
いったいどこがどう似ているんだろう??と思いながらいつも綾瀬はるかを眺めているうちに
不思議と「変わったね」「きれいになったね」と言われるようになったそうな。そんなお話です。

セルフイメージは些細なきっかけで変わるんです。
これってすごくわかります。


自覚したのは中学生のころ。
私はかなり自分の容姿を気にする子でした。
特に髪型。
多少いじろうがたいして変わっていないのに、やたら気にしていました。
別にもてるわけでもなんでもない。
髪は少し癖っ毛で、そしておでこが広い。姿勢もあんまり良くない。
おまけに痩せている。背が低い。目の下にくまがある。
コンプレックスは多かったですね。

けど、自分は唯一無二の存在だし、頭の中にはきっと天才的なものが詰まってるんだろう
と思ってました。本気でそう考えてます。今でも。

ただ、周りは誰一人理解してくれませんでした。
少なくとも、私は理解されているとは感じませんでした。
褒められているとも承認されているとも感じられませんでした。
そうして高校3年くらいになった頃、一つ気付いたんですよ。
大きな気付きです。

「誰も褒めてくれないから、自分で褒めるしかない」と。

私が最も好きな英単語として挙げている「Believe」という言葉を知ったのも
たしかこの頃です。自分で自分を信じるしかないよね、ということです。

そんな風に自分で自分を認めてやっていこうって思ったんですけど
すぐに100%認めたわけでもないです。
一つ気に入らない点がありました。それは、笑顔。
中学の時に通っていた塾の先生から「笑ったら歯ぐきが出るよね」と言われて以来
「自分の笑顔はダメなんだ」
と思っていました。それだけならまだしも笑顔自体が嫌いでした。
人は悩む姿が美しいんだと言っていたし、笑顔の人を見ると腹が立ってくることがありました。

けど、けどですね。
そういうセルフイメージが自分に無駄な枠を作ってるんじゃないかって
この数年で思うようになってきました。
良い笑顔を持つ人と接する機会が増えたからだと思います。
今では笑顔が好きです。もちろん自分の笑顔も好きです。
こうしてあれこれ考えると自分は変わったなと思うし、誰だって変われるんだと
思えてきますね。

結局は思い込みなんです。
どう思い込むかで自分自身が決まる。
わかっていても「性格なんて変わらないから‥」と言ってしまう人がいる。
それは誰の思い込みですか?
「自分はこういうキャラだから」と変なプライドやこだわりを持っている人がいる。
それは誰の思い込みですか?

自分自身を明確に知ることも必要だけど、
なんにでもなれるってことこそが一番すごいんだろうなぁと思うのです。

そんなことをあれこれ考えてしまいました。
posted by Azot at 02:08 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | -日記-
2006年06月13日
http://azot.cool.ne.jp/movie/matrix/review/1.html

まだ1/3なわけですがここまでは完成しました。
語りたいことが大体書かれていると思います。
引き続きリローデッドもレビューしてゆきますよ。
もうすでに2割くらいは書いています。

テキスト主体のページで、けっこうボリュームがありますけど
のんびり読んでやってください。
続きもお楽しみに!!
posted by Azot at 16:36 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -Matrix-
2006年06月12日
先日に引き続き、2作目を見ました。
この作品こそがバック・トゥ・ザ・フューチャーを名作にしたという感じですね。
一言で言うと「信じられないほどの奇跡」です。

この作品を見た方は、判ってもらえると思います。
本当にすごいのは未来(2015年)の表現力ではない
もう一度1955年に戻って「あのシーン」を次から次へと再現してゆくこと。
「えっ!あのシーンって、こうなってたの!?」
という驚きが次から次へと。
この作品は芸術作品ですよ。
緻密な脚本と、完璧な環境が整っていないと難しいと思いますね。

あと、特にお気に入りはスポーツ年間を取り返すために、パーティから帰る
ビフを追いかけてゆくシーン。
1955年と言う舞台で、しかも登場人物は1985年。けどデロリアンが空を飛ぶのは2015年のテクノロジー。
様々な文化が融合してるんですよ。その後のシーンではホバーボードも出ますしね☆

とにかく、1作目をしっかり見ている人ほど感動できる素晴らしい作品☆
しかも3作目につながるための伏線が張ってありますよ。


posted by Azot at 00:06 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -Movie-
2006年06月07日
まだ全然出来てないけど、予告だけ…。

近々、マトリックスのページをどんどん更新してゆきます。
語りたいことが多すぎて(笑)
勢いに任せて書きなぐったページです。
先日、体力の続く限り(笑)書いてみました。
あと3日くらいあれば完成しそうです。いや、どうだろう…。

まぁとにかく、お楽しみに。
作成中のページは、こちらです。
posted by Azot at 00:50 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | -Matrix-

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。