2005年12月25日
Yngwie J. Malmsteen : 6nd Album

高校3年の冬に出会ったこのアルバムは
以後私にとっての「冬の風物詩」となりました。
まず、まずなんと言ってもジャケットが良い。
誰がなんと言おうとあのジャケはかっちょ良いのだ。
38回くらい真似をしました。(推定)

1曲目は、いきなりインスト
「Perpatual」のミステリアスな感じとダークなリフ。
そして相変わらずキーボードはキラキラだ!!
「Teaser」のようなノリノリの曲も意外やね。
バラード「Cry No More」は地味だが間奏のバッハ風フレーズ(ユニゾン)が
素晴らしい!
疾走チューンは前作に劣る気がするけど・・
このアルバムに関して言うと、おとなしめの曲がかえって良い。
だからこそ「地味」「渋い」「通好み」なのかもしれないけど・・
また、ポップなくせに決めフレーズが多い「Fire And Ice」も面白い。
この曲、けっこう知名度低いけどコンチェルトアルバムでも使われたんだぜ!!
ジミヘン風「All I Want Is Everything」も必要な曲だ。
前作の「BedroomEyes」に近いが、間奏の展開が面白い。
アコギだけでアコギが歌う「Golden Dawn」は美しいの一言。
たった1分半の中に泣きが篭められています。熱い!!

このアルバムはですね、けっこう起承転結がよくできると思うんですよ。
なんとなく。
ギタリスト"イングヴェイ"らしくインストで始まり、ポップになったり
バラードで泣かせてみたり、そしてインストを挟んでタイトルチューンで
また雰囲気が変わる。
そのクライマックスとして用意されているのが「Final Curtain」
ストリングスと盛り上げるSE。うなるギター。熱い!!

と、いうわけで、多くの人の意見に逆らって結論をば。
これは、名盤!!


ん?引用されたバッハの「バディネリ」について何も書いてないや
まぁ、いいか・・
posted by Azot at 22:12 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | -Yngwie J. Malmsteen-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/11035048
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。