2006年02月14日


「今日は何か本を買って読もうかな…」

なんて思っていたら、久々に哲学書を手にすることになりました。
しかもかなりコアなやつを(笑)

クリプキさんとは、たぶん簡単に言うとウィトゲンシュタイン研究家です。
名前くらいはなんとなく知っていました。
論理や言語について考えた方ですね。

この本の帯に、こうあります。
「68+57=5」は間違っていない と。

果たして「+」という記号が「プラス」という概念を表すことの根拠は何だろう?
これはへりくつでもなんでもなく、人間の知性の限界に挑戦することなのだ。
帰納法の限界と行ってもよいかもしれない。

ウィトゲンシュタインについてはもっともっと深めたいけど、
なかなか読みやすい本がない。
たいていはとてつもなく難解な論理学の本だ(苦笑)

クリプキやグッドマンが言う「グルー」という概念が面白い。

『何かがグルーであるとは、その何かがこれまでに観測されたことがありグリーンであるか
 あるいは、その何かがまだ観察されたことがなくブルーであることである』

分かりますか??ん?分からない?
あなたが今までに見たことがあるのはたぶん黒いカラスですよね。
白いカラスを見たことはないですよね?
白いカラスっていると思いますか?いない?どうしてですか?
今までに見たカラスが黒かったからですよね。
じゃあ「まだ見たことがないカラス」は白いかもしれませんよね。
なぜ黒いと言い切れるんですか?否定できますか?

これがグルーの概念です。


ちなみに、永井均さん、青山拓央さんの考え方によると、
このグルーという概念が時間の理解に重要な位置を占めるらしい。
この辺はまだまだ考えてみたいところです。
posted by Azot at 00:09 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | -Book-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13254036
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。