2006年03月01日
しまった。2月は過去最低の更新頻度だったかもしれない。。
もう3月かよ!

---------------------------------------

最近、『笑いのセンス』というのを考えさせられることが多いです。
笑いって深いんですよ。
動きが面白い。言葉が面白い。
発想が面白い。展開が面白い。などなど。
何がどういうときに面白いのかって、論理的に説明するのは難しいでしょう。
あえて言うと常識を逸脱している時が面白く感じるのかも。

私はシュールな笑いが好きです。
松本人志の影響が相当でかいと思います。

先ほど、さらっと「常識を逸脱」って言いましたが
たぶんここがかなり重要なんじゃないかって思うんですね。
「誰もが認める普通さ」では笑いは起きないんですよ。
ということは、普段からいかに常識の枠組みにとらわれない視点や発想をするかが
重要なんだろうなって思います。

ありきたりだとわかっているもの(つまり理解できるもの)を
あえて違う視点から見直すことができるっていうのは
相当すごいことをしているような気もしますね。
相当重要なことをやってるような気もしますねぇ。
posted by Azot at 02:07 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13953481
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。