2006年03月21日
「マトリックスが好きです!」とよく私は人に語りますが
あまり理解されていないような感じがします。。

周りによくある反応。
・1作目だけ見た→面白かった。
・全部見たけど、1作目が一番良かった(徐々に面白くなくなった)
・アクションがすごい
・CGがすごい

えーと、まず初めに言わせていただきますけどね。
私は、
・アクションがすごいから好きなわけでも、
・CGがすごいから好きなわけでも
ないんです

今回は、あえて簡潔に言い切りましょう。
細かい補足はまた後日だ。

Azotが、マトリックスを愛するその理由は?

『1作目でマトリックスから"目覚める"ネオだが、
 結局は生物はシステムの一部にしか過ぎない。
 マトリックスが何度リロードしようと、ネオだけは自分の選択を"理解した"』


だから、マトリックスは素晴らしい!


はい、わけわかりませんよね。
この辺を説明しようとあれこれ考えているんですが、難しいですねー。

----------------------------

補足。

よく「仮想現実」ネタがあるからマトリックスは面白いとか
そういう視点だけで捉える人が多いと思います。
別にそれ自体は悪くないんですけど、「13F」や「イグジステンス」もしくは
「トータルリコール」のように『現実もまた仮想現実なのか?一体何が現実なのか??』という
見方ですね(より高次の次元を考える手法)。
けど私は「マトリックス」はそういう作品ではないと思っています。
そもそもマトリックス内部(=仮想現実)と現実の描き方が違いすぎる。
あそこまで書き分けるのは「現実」を強調するからでしょう。
たとえネオが2作目の最後でセンチネルを手で止めたとしても、それは現実世界です。

(なぜあそこで「現実も仮想世界なのだ!」とか「ネオが超能力を使えるようになった!」とか
 解釈されるんでしょう…そしたらもうあの映画はむちゃくちゃですよ。。)

----------------------------

次回予告。

キアヌ・リーブス本人のインタビュー
http://www.eiga.com/special/revolutions2/

要点はここです。
「トーマス・アンダーソンの探求の旅は、きちんと終わっている」
posted by Azot at 00:57 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | -Matrix-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/15174511
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。