2006年05月03日
そう、最愛のボーカリスト「デヴィン・タウンゼント」の最新アルバムを買ってきました。
もうなんていうか、めっちゃワクワク。
彼は優れたプロデューサーでも、もちろんギタリストでもなく
ボーカリストとして最強だと信じています。
ああ、あの喉、あの声が欲しい…。
泣きとシャウトを併せ持つ、神の声…。

で、ニューアルバムの話。
「SYNCHESTRA」というアルバムです。
3年前に出した「TERRIA」に似た雰囲気らしいと言う情報はあったけど
確かにそんな感じかな。というか、結局どこを切ってもデヴィンなんだけど…。

今回はアコギから始まるからとっつきやすい印象。
まだこれからゆっくり聴きこんで行くけど、今のところ3曲目が良い。

ちなみに、DVD付き盤のほうを買いました。
こっちのほうがおすすめ!!
過去の曲をライブ(と言ってもスタジオですが)演奏してくれてます。
うおー。動くデヴィン初めて見た!
ちゃんと歌ってる!!
ってか、見た目がほんとに仙人みたいだ!(笑)
こうして過去の曲を動くデヴィンと楽しんでいるとまた新鮮です。
新しいアルバムを聴きながら、古いのも聴きたくなる瞬間ってすごく幸せですよね(笑)
難解とも言われるデヴィンの作品ですが、ひょっとしてやっとこさ自分の理解が追いついてきたのだろうか??


いくつかレビューを載せているサイトを挙げておきます。
http://www.geocities.jp/roomoftt/prb_devin_townsend.htm

↓ここは全アルバムのレビュー付き。参考になります。
 よく見たら8枚も持ってました。私。
http://tcr1hp.hp.infoseek.co.jp/music/devin.htm

http://nekopoku.tea-nifty.com/eririn/2006/04/synchestra_the_.html

posted by Azot at 01:35 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17323590
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。