2005年04月20日
初めはかなり好きなトム・クルーズが主演ということで
そんな適当な理由で見始めた映画ですが、今では「好きな映画ベスト3」に入る作品です。
実は大学の頃にも一度見たことはあったんですけどね‥
いろんなきっかけがあってゆっくりと印象に残っていったような
そんな作品です。私にとって。

簡単にストーリー説明。

----------------------------------------

主人公のディビッドは社会的に言ってもう充分に成功した人物。
社長の御曹司で、恋人ジュリー(キャメロン・ディアス)もいる。
地位も名誉も何もかもある。そしてその時が永遠に続くと信じていた。

しかしその幸福はストーカーと化したジュリーにより壊される。
親友がパーティに連れて来た女性ソフィア(ペネロペ・クルス)
に一目惚れしてしまったからだ。

事故によって顔が変形し、障害者となった彼は生きる意志を失うが
そこにジュリーが現れ、彼を勇気付ける。

しかし彼は言う、
「まだ目が、覚めない」
ディビッドは事故により夢と現実の区別が付かなくなってしまったのだ。

----------------------------------------

とまぁ、こんな感じ。
話はここから急変化。夢?現実?妄想?幻覚?見ている側もかなり混乱します(笑)
ラストで説明はなされるんですが、納得いかない人や、まったくもって意味が分からない!
という方もいるでしょう。。

私から言わせてもらえば、キーワードは
何度か出てくるこのセリフなんです。
「あなたのの幸せって何?」

最後に、「バニラスカイ」とはモネが描いた空の絵の色のことです。
話の中で説明は出てきます。
この映画、もともと「オープン・ユア・アイズ」というタイトルの映画のリメイクで
このタイトルも非常に分かりやすいんですが、私はこの「バニラスカイ」というタイトルも好きですね。
現実には存在しない空。きっとそれはディビッドの心にしか存在しないのです。

この映画についてはもっといっぱい語りたいけど
今回はネタバレなしでこの辺で。
まだ見たことない人はぜひ見てみてくださいね。



あ、あと音楽も好きです。サントラ買っちゃいました。
映画のオープニングでいきなりRadioHeadっていうのはぶっとびますね。
posted by Azot at 17:35 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | -Movie-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


バニラ・スカイ(2001) -Vanilla Sky-
Excerpt: トム・クルーズが夢の中で出くわすのが、誰もいないタイムズスクエア(なんと公式サイトがあります)。ニューヨークはマンハッタンの42丁目とブロードウェイが交差する一帯の通称です。有名な話ですが、この撮影の..
Weblog: 映画で世界を旅するブログ
Tracked: 2005-05-08 23:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。