2005年05月07日
これほど「嫌い嫌い」とか言いながらずっと聴いてるバンドも珍しい。
というか、実はきっとこのバンドが好きなのだ。だよな、きっと。
ひねくれものの私はいまだ認めようとしないのだけれど……………………


そうなんです。

ラルク?好きじゃあないですよ。
だってhydeがかっこつけだから。あの顔を見ると…(以下略)
最近高音がかすれてるから。
お前いったいいくつやねんと…(以下略!)
また、kenのギターが投げやりに聴こえるから。
また、CDの入れ物が変だったりするから。

けど、好きなんです。
やっぱラルク、好きやねん!(どっちやねん)

ちなみにベースのてっちゃん、すごい、天才。
尊敬してます。ほんとです。

-------------------------------------------

というわけで、昨日からずっとこの2曲を聴いています。
「Killing Me」
「New World」
パッと聴いた印象だけで言うと「Honey」みたいなポップ・チューンかなという印象です。
2曲続けてずっとリピートしているとどっちがどっちが良くわからなくなってきますけど(笑)
「Killing Me」はhyde作詞・作曲なのに対し、
「New World」はyukihiroなんですね。意外だ!  ん、そうなのか?
確かyukihiroってマッドカプセルマーケッツの打ち込みやってましたよね。
あのポップさに近い気もしますけど。
イントロでギターリフからドラムマシンが入るところなんてまさにそれっぽい。
なーんだ。やっぱりyukihiroっぽいですよ、この曲は。

似通った2曲を同時に語るとまるで一緒くたに済ませてるような
手抜きの記事になってしまいそうですが(^^;)
ほんとどちらもキャッチーで良いですね。
ラルクらしいっていうか、私はラルクはこの路線が一番良いと思ってるんですよ。
そう、このハジけっぷり。

「Ready Steady Go」で復活!した時には「やっぱりこの路線だよなぁ」って
妙に納得したのを覚えてます。あの時の勢いはすごかったし、今もそれを踏襲してるところは
さすがです。
「New World」では「無重力」という歌詞が印象的です。
そういや「All Year around Falling in Love」でも重力という言葉が出てきますね…
ラルクの疾走感や浮遊感にピッタリです。



それではこの調子で今後はラルクのアルバムレビューを…しません(爆)
気が向いたら突然書くかもしれませんが。アハハ。
posted by Azot at 20:08 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -Music-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3493969
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。