2005年05月26日
僕の言いたいことはつまり、簡単に集約できるのかもしれない。
ただし、以下の場合分けが必要だ。

(1) 良い思い出
もう2度と繰り返されることのないことに対する恐怖と無力感を感じる

(2) 悪い思い出
もう1度繰り返すのではないかという恐怖とトラウマを感じる

このどちらもありうる。
一見矛盾しているが、つまりはネガティブなのである。

悪いこと。それは僕の中にもともとプログラムされているもの
予言として組み込まれていて生まれてきたもの。
それはきっとまた起こるに違いない。

僕は変われない。
僕は変われない。
僕は変われない。
僕は変われない。
僕は変われない。

全ては運命により決定されていて、繰り返しながらも
2度と戻ることはない。
こうして罪は増え続ける。

意味のない自己主張も、また続く。
posted by Azot at 01:48 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | +思想の果て+
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3903134
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。