2005年06月15日
これはすごいかもしれませんよ!!
ドリームシアターの新譜です。

前評判としては名盤、神盤として名高い2ndアルバムに近い!という
コメントがネット上でちらほら見受けられましたが
私がざっと聴いた感じでは6thアルバム「Six degree of inner turbulance」
に近い感じがしましたね。ヘヴィさとポップさの共存。
あるいは「Falling Into Infinity」かな。

相変わらず、彼らのアルバムは聴き込まないと語れませんけど
前作と違って聴きたくなる面白さがありますね。
一つ一つの曲が複雑な上に、またもやラストには24分の曲…
その最後の大作ですが、前半は私も大好きなKANSASのような雰囲気。
やはり彼らはプログレバンドだ。


うん、なんていうか、結局簡単に言ってしまうと
このアルバム、良いと思う!!(バカっぽい 爆)


あと、「Burrn!!」のインタビューでもちらっと見ましたけど
今回の作品もまたアルバムの最後と最初がつながってるそうで。
そういったこだわりもドリムシの魅力ですね。

結局ドリームシアターの作品の全ては最終的に
一つの「夢」という形で完結するのでしょうか。
それってすごいことだぞ。。


細かいレビューはまた後日書きます!

posted by Azot at 16:43 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4376907
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。