2005年06月19日
いよいよ待望!のドリームシアターの新譜レビューです。

まず初めに言っておくと、基本的に私はドリームシアター大好きなのですが
唯一前作「Train Of Thought」は…苦手です。
すごいアルバムだと思う。けど、それ以上でもそれ以下でもない。
無駄にテクニカルで、無駄にヘヴィ。
簡単に言い切ってしまうと、印象に残らず、感動できなかったんです。

「おいおいどこに行くんだドリームシアター…」と思っていた
私をいい意味で裏切ってくれました。今回のアルバムは、本当に素晴らしい!

順に見てゆきますね。


1.Root Of All Evil

前作「This Dying Soul」の流れを組むヘヴィな曲。リフが良い。
この曲はドリームシアター節全開!
まぁー、でも、彼らの中ではまだわかりやすいほうかな(笑)
歌メロの雰囲気は4thアルバムの「New Millennium」っぽいとも感じました。

2.Answer Lies Within

4thアルバムのようなポップさが感じられる曲。
改めて、ドリームシアターの成功の裏にはテクニックだけでは到達できない
メロディメイカーとしての才能があるんだなと実感。
位置付けとしては「Hollow Years」か。
気を抜くと涙腺が緩みます…

3.These Walls

残念ながらこの曲だけは至ってフツーの曲…に聴こえる。
印象にあまり残らない。。

4.I Walk Beside You

ギターのイントロからして意外な、ドリームシアターらしくない曲。
サビから少しは「らしく」なってくるけど。
あんまり詳しくないのでわからないがU2に近いらしい。
時間も短く(4分ちょっと)ちょうどいいかもしれない。
こんなのばっかりだと困るけど(笑)

5.Panic Attack

すごいテンションを保っている曲。
何が気に入っているのかというと、クラシカルだから(笑)
ペダルフレーズのリフも良い。
3:52からの展開も良い
楽器群が充実しすぎていてインストのようだけど(^^;)
…と思ったら最後にCメロとして4:24からファルセットになるのも熱い。
ちゃんとツボを抑えてる。

6.Never Enough

この曲も(シンセ?)ベース⇒ドラム⇒ギターリフ!のイントロが良いなー。
今回のアルバムはイントロで魅せるものが多い。
メジャーコード展開となる1:48らへんはあんまり好きじゃないけど。

7.Sacrificed Sons

Aメロを聴いた瞬間、6thアルバム収録の問題作(いや、実験作か…)
「Disappear」を思い出してギクリとしたが、Bメロで雰囲気が変わる。
メロディアスで良いです。
また、その後のインストパートも充実していたり、
6:24からの展開も面白く、飽きさせない曲。

そういえば7:01からの展開はオジーの「Diary of a madman」を思い出した(笑)

8.Octavarium

24分の大作。
とにかくこれを聴け。いいから、聴け。
素晴らしいから。

前半はピンクフロイドやジェネシスなど、往年のプログレバンドのように
間を重視したゆったりとした時間が流れる。
なんと表現すればいいのだろう?
基本的に明るい音楽は苦手だ。能天気な音楽は耐えられない。
しかし、プログレが持つ独特のポップさは好きだ。清々しい。

この曲は最高のプログレッシブ・ロックだ。

中盤からは徐々にテクニカルなパートも現れ、ラブリエがデスメタルのごとき
シャウトをする場面もある。ちゃんとドリームシアターしているのだ。
そして物語は収束へと向かうことに。

言い出すとキリがないので、いくつかに絞って書いてみよう。
個人的に好きな箇所は、ポイントで挙げれば
・「Someone like him」の歌メロ全般。あとピアノ。
・2回目の「Octavari・um!」のシャウトの際にバックでメインテーマがかすかに流れる所!()
・アコギでブレイクしたあとの展開(17:55、18:06)
あ、「Medicate」のベースの音も好きだな…

全体的に言うなれば、ドリームシアターの曲としては
「Six Degrees of Inner Turbulence (Disc2)」に近いかもしれない。
あれもプログレ大作と呼べるものだ。


また、ジャケットや歌詞の中にもいろいろ秘密が隠されている。
キーワードは8と5。
8つの球体と、5羽の鳥たち。
8枚目のアルバムと、5人のメンバー。
このアルバムのテーマは「自己完結」らしい。フル・サークル。
その「Full Circle」の歌詞には様々な曲のタイトルが並ぶ。
音楽という輪をこのアルバムで閉じるかのように。

また、クモのいる迷路も、よく見ると出口がなく
ジャケットの球体は両端が動く。
糸電話の子供は一体誰と話してる?
また、Fig8(図8)を見て欲しい。完全な円の中にある星型。
まるで自分たちの存在をメタ的な視点から見ているかのようだ。


…そんなことを考えるとクラクラと目眩がしてきます。
ドリームシアター最高!!!
今年度上半期ベストアルバム決定!!


↓たまたまこれを書いてるときに見つけたサイト
 (DREAM THEATER地上最強!!)
http://homepage1.nifty.com/jinsaku/dreamtheater/atfirst.html

↓「Octavarium」インタビュー
http://www.barks.jp/feature/?id=1000008716&p=1


posted by Azot at 08:49 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(4) | -Music-
この記事へのコメント
はじめまして。
TBありがとうございました。

本作のテーマって難しいですね。
アメリカンクラッカーの両端の球は、ずっと動き続ける。
8を横にすると、∞(無限大)とか。

あと半年残ってますが、今年のベストアルバムでしょう。(Judas Priestにするつもりでしたが、この完成度は凄すぎです)
Posted by いい音 at 2005年06月19日 11:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


OCTAVARIUM / DREAM THEATER
Excerpt: ぢつは、先月とうとう一枚の新譜も 買わなかった 中古盤すらなかった ジューダスも、ディオもスペベガも行けず 新譜もチェックせずで、親方の虹もいよいよ ネタ切れか!? とは誰もおもわんという..
Weblog: 親方の虹
Tracked: 2005-06-19 10:30

Dream Theater 『Octavarium』 ジャケット考察
Excerpt:  ドリーム・シアターの新譜『オクタヴァリウム』のジャケ、私はとっても好きです。  手がけたのは、ラッシュの『2112』や『Moving Picture』等でおなじみ、ヒュー・サイム。 ..
Weblog: HR/HMを良い音で聴こう
Tracked: 2005-06-19 11:37

Dream Theater『Octavarium』(2005)
Excerpt: 「究極のプログレッシブ・メタル」Dream Theaterの8thアルバム。 良いですよ!やっぱり彼らはファンの期待を裏切りません。
Weblog: yazlog.
Tracked: 2005-06-26 13:19

free downloadable screensavers
Excerpt: build screensaver <a href="http://screensavers.seeqcom.com/family-guy-screensaver.html">family guy screensaver</a> dolphin screensaver <a href="http://screensavers.seeqcom.com/free-thanksgiving-screensaver.html">free thanksgiving screensaver</a> free ange..
Weblog: free downloadable screensavers
Tracked: 2006-02-16 09:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。