2005年07月01日
最近読んでいた本に、ふとこういうことが書いてあった。

『客観的に見てどんなによくないところであっても、
 他人から直せと言われてもなかなか難しいですよね。
 これが、自分で直そうと気がつくと、案外直せたりするのです。
 ということは、他人の気に入らないところを直そうとするエネルギーは、
 自分がそれが気にならないように変わるのに使ったほうが
 はるかに建設的だということです。


僕にはまだまだ成長の余地がある。
posted by Azot at 01:47 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | +思想の果て+
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。