2005年08月25日
ひさびさです。

帰省中に、また科学ネタ(?)を考えてしまいました。

このサイトに載っていたんですが
http://www.hatena.ne.jp/1124097457
『4次元ってどういうこと?』
みたいな質問がありますよね。
そういえば昔、中学か高校の時に私もよく考えていました。
空間と違ってなぜ時間は自由に移動できないんだろう、とかね。

大学の物理科で学ぶことで、こういった疑問について
多少は学術的に考えることになりました。

これを書いている今、突然思ったのですが
そもそも空間が3次元ってどういうことでしょうね。
『たて・よこ・たかさ』しかないから?
それってそもそも一本の線分に対して垂直なものが2本しか与えられないからですよね
けど90度であることに必然性ってあるんでしょうか。
だって60度を基準に直角を定義しても良いではないですか。
その場合空間は6次元になると思うんですけど。

角度の定義によって次元数は変わるとは思うんだけど
どうも3次元より減ることはありえないような感覚があるんだよなぁ。

久しぶりにこういったことを考えているので
意外と幼稚な見落としがあるかもしれません。
あったとしても笑わんといてね(苦笑)
posted by Azot at 01:03 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | -日記-
この記事へのコメント
次元数なんてのは物の状態を計算するのに
変数がいくつ必要か?ってなだけだと思いまつ。
Posted by すぐなくぅず at 2005年08月26日 22:39
お久しぶりです(^o^)
ああ、そうか。その一言でずいぶんと解決しました。
うまく説明できないですけど、空間の任意の点を表す三要素を、一つの変数にまとめあげた理論体系を作ればいいだけなんですよね。全然ずれた解釈かもしれませんけど、ゲーデル数を構築するかのように三変数から一意に作られるような変数を適当に定義すればいいだけのことですよね。

例えば‥
(2,5,10)
 ↓
(02050010)
とか

※0の個数は桁数を表す
Posted by Azot at 2005年08月31日 17:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。