2006年06月22日
購読しているメールマガジンに面白い話があったので
今日はここから引用したネタです。

↓まず、原文はこちら。
http://blog.mag2.com/m/log/0000145862/107372182?page=1#107372182

要約します。
あまり自分の容姿に自信のない女性が主人公です。
周りからきれいともかわいいとも言われない。
けど、その彼女がある日
"ポカリスエットのCMに出ている「綾瀬はるか」に似ている"
と、突然言われる。
まったく似ているとは思えないが、その日以来綾瀬はるかが気になるようになってしまった。
いったいどこがどう似ているんだろう??と思いながらいつも綾瀬はるかを眺めているうちに
不思議と「変わったね」「きれいになったね」と言われるようになったそうな。そんなお話です。

セルフイメージは些細なきっかけで変わるんです。
これってすごくわかります。


自覚したのは中学生のころ。
私はかなり自分の容姿を気にする子でした。
特に髪型。
多少いじろうがたいして変わっていないのに、やたら気にしていました。
別にもてるわけでもなんでもない。
髪は少し癖っ毛で、そしておでこが広い。姿勢もあんまり良くない。
おまけに痩せている。背が低い。目の下にくまがある。
コンプレックスは多かったですね。

けど、自分は唯一無二の存在だし、頭の中にはきっと天才的なものが詰まってるんだろう
と思ってました。本気でそう考えてます。今でも。

ただ、周りは誰一人理解してくれませんでした。
少なくとも、私は理解されているとは感じませんでした。
褒められているとも承認されているとも感じられませんでした。
そうして高校3年くらいになった頃、一つ気付いたんですよ。
大きな気付きです。

「誰も褒めてくれないから、自分で褒めるしかない」と。

私が最も好きな英単語として挙げている「Believe」という言葉を知ったのも
たしかこの頃です。自分で自分を信じるしかないよね、ということです。

そんな風に自分で自分を認めてやっていこうって思ったんですけど
すぐに100%認めたわけでもないです。
一つ気に入らない点がありました。それは、笑顔。
中学の時に通っていた塾の先生から「笑ったら歯ぐきが出るよね」と言われて以来
「自分の笑顔はダメなんだ」
と思っていました。それだけならまだしも笑顔自体が嫌いでした。
人は悩む姿が美しいんだと言っていたし、笑顔の人を見ると腹が立ってくることがありました。

けど、けどですね。
そういうセルフイメージが自分に無駄な枠を作ってるんじゃないかって
この数年で思うようになってきました。
良い笑顔を持つ人と接する機会が増えたからだと思います。
今では笑顔が好きです。もちろん自分の笑顔も好きです。
こうしてあれこれ考えると自分は変わったなと思うし、誰だって変われるんだと
思えてきますね。

結局は思い込みなんです。
どう思い込むかで自分自身が決まる。
わかっていても「性格なんて変わらないから‥」と言ってしまう人がいる。
それは誰の思い込みですか?
「自分はこういうキャラだから」と変なプライドやこだわりを持っている人がいる。
それは誰の思い込みですか?

自分自身を明確に知ることも必要だけど、
なんにでもなれるってことこそが一番すごいんだろうなぁと思うのです。

そんなことをあれこれ考えてしまいました。
posted by Azot at 02:08 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | -日記-
2006年05月03日
そう、最愛のボーカリスト「デヴィン・タウンゼント」の最新アルバムを買ってきました。
もうなんていうか、めっちゃワクワク。
彼は優れたプロデューサーでも、もちろんギタリストでもなく
ボーカリストとして最強だと信じています。
ああ、あの喉、あの声が欲しい…。
泣きとシャウトを併せ持つ、神の声…。

で、ニューアルバムの話。
「SYNCHESTRA」というアルバムです。
3年前に出した「TERRIA」に似た雰囲気らしいと言う情報はあったけど
確かにそんな感じかな。というか、結局どこを切ってもデヴィンなんだけど…。

今回はアコギから始まるからとっつきやすい印象。
まだこれからゆっくり聴きこんで行くけど、今のところ3曲目が良い。

ちなみに、DVD付き盤のほうを買いました。
こっちのほうがおすすめ!!
過去の曲をライブ(と言ってもスタジオですが)演奏してくれてます。
うおー。動くデヴィン初めて見た!
ちゃんと歌ってる!!
ってか、見た目がほんとに仙人みたいだ!(笑)
こうして過去の曲を動くデヴィンと楽しんでいるとまた新鮮です。
新しいアルバムを聴きながら、古いのも聴きたくなる瞬間ってすごく幸せですよね(笑)
難解とも言われるデヴィンの作品ですが、ひょっとしてやっとこさ自分の理解が追いついてきたのだろうか??


いくつかレビューを載せているサイトを挙げておきます。
http://www.geocities.jp/roomoftt/prb_devin_townsend.htm

↓ここは全アルバムのレビュー付き。参考になります。
 よく見たら8枚も持ってました。私。
http://tcr1hp.hp.infoseek.co.jp/music/devin.htm

http://nekopoku.tea-nifty.com/eririn/2006/04/synchestra_the_.html

posted by Azot at 01:35 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
2006年04月19日
[人口の割合]
全国 - 127,708,050(人)
東京都 - 12,369,185(9.7%)
大阪府 - 8,831,177(6.9%)
神奈川県 - 8,687,422(6.8%)
愛知県 - 7,161,891(5.6%)
埼玉県 - 7,037,849(5.5%)
千葉県 - 6,028,315(4.7%)
福岡県 - 5,051,762(4.0%)
熊本県 - 1,854,792(1.5%)

人はどこから来て、どこへ行くのか‥
なんてことは、最近あまり考えなくなったけど
その代わりに最近良く考えるのは
「なぜ関東に人は集まるのか」だ。

まぁそもそも、私も大学時代を九州で過ごし、その後就職で関東に出てきたわけだけど‥。
ちなみに、特に明確な理由はありません。

やっぱり都会、都心部のほうがいろいろと便利なんだろうか。
遊ぶところもあるかもしれない。仕事も多いかもしれない。
けど、居心地が悪い。違和感を感じる。
できることならすぐに九州(というか、田舎のほうに)に帰りたい。
まだ関東でやることがあるからしょうがないけど。

この「違和感」が曲者だ。
いくら考えても、自分はこの関東にいるべき人間ではないように思わせてしまう。
posted by Azot at 02:07 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
2006年04月17日
どうもmixiのほうが気軽に書けてしまう。
けどこっちもチェックされてる方、いるんですよね。
すいません。ありがとうございます。
よーしがんばるぞ。

というわけで、今日はそもそもmixiとブログの書き分けをどうやっているのか
その区別はどこにあるのか?というお話。
明確な区別はないんですが、ただなんとなく
短めの文章…mixi
長めで、思想チックなもの…ブログ
としています。あ、あとアフィリエイトに関することはブログにしているかな。

ただ、ここからが重要なんですが
最近mixiのほうを更新しているというのは、ただ単純に短い文章が多いから、ではないと思うんですね。
むしろ逆です。なぜ長い文章が少ないのか、ってことです。
それは別に忙しいからとかではないんです。
おそらく以前ほど何かを深く考えたりとか、あるいは悩んだりとか、そういったことがないんだと思います。
良い傾向だと思いますけどね。
長文を書いていた頃は、確かにもっといろんなことを考え込んでいましたね。
今でもふらっとあれこれ考えていたりしますけど、文章にするほどもことにもなりません。
最近の変化の一つです。

けど、こっちもある日突然更新しだすかもしれませんね(笑)
posted by Azot at 01:27 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
2006年04月11日
最近mixiに力を入れすぎていて、こっちを更新していませんでした(^o^;

-----------------------------
「懐かしの迷宮組曲」

こないだ迷宮組曲についてはちょろっと記事を書いた気もしますけど
今日ゲームや、ゲーム音楽について人と語っていたらこの話題になりました。
ゲーム音楽として、Azotがもっとも高く評価するのはファイナルファンタジーなわけですが(特に6)
この「迷宮組曲」も評価は高いです。
というか、かなり記憶に残っています。3曲くらい覚えてるかな?

特に井戸の曲ね。ちょっとクラシカルでメロディ重視な感じ。
シンプルな曲ですが、だからこそ今でも時々頭の中に流れます。
迷宮組曲といえばこの曲だな。
ちなみにここでmidiファイルが公開されておりました。
http://www.lares.dti.ne.jp/~s-at-o/midiroom/famicom.html

その他、迷宮組曲攻略サイト
http://www.zephyr.dti.ne.jp/~tindalos/millon/
http://www.tekipaki.jp/~rueben/game/milon/
もう一回やるんだとしたらこれらのサイトを見ながら攻略してみましょう(笑)
前者のサイトではソフト発売当時の流行なども語られていて面白いですね。


他にもけっこういろんなゲームをやりましたねー。
くにおくんとか。
けっこう私達の世代って懐かしのゲームの話で異常に盛り上がったりするので熱いです。
posted by Azot at 01:45 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | -日記-
2006年04月01日
先日の日記のままほったらかしにしておくと
心配されそうだから、何か更新します(苦笑)


 これまで頭蓋をあけてみた人間にはみな脳があった。驚くべき偶然の一致ではないか
 (ヴィトゲンシュタイン)

ヴィトゲンシュタインが好きだ。最大のミステリーだ。
いまだにわかったようなわからないような得体の知れない感覚。
だからこそ興味がある。
まるでスカートの短い女性が気になるように(笑)「ヴィトゲンシュタイン」というフレーズを
見ると気になって仕方がない。

上に挙げた文章、そのままだと「そう?何がすごいの?」と思う人もいるだろう。
mixiのコミュニティで、誰かが解説してくれていました。つまり、こんな感じです。

「われわれは,『人間』という語をいちいち頭蓋を開けて
 脳があることを確かめることによって学んだのではない。
 また,あけてみたら脳がないがないかもしれないが、
 我々は人間と呼ぶ対象を脳の有無を疑うことなく人間として扱い共に生きている。
 だから、脳の有無は人間であるか否かには関係がない」

結局は帰納法なんだよな。規則の問題も然り。
posted by Azot at 02:12 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
2006年03月14日
「SPIRIT」という映画が面白そうですね。
誰よりも強くなりたいという想い‥なんかジャンプみたいというか
ドラゴンボールみたいです(笑)
主人公はジェット・リー。
そして日本人では中村獅童が出ているのは正直ちょっとひっかかりますが。。
‥うーん、まぁ、いいや(苦笑)

どこかでちらっと見たんですけど、この映画ってすでにある程度結末が分かっているんですよ。
○○が××で△△んですよね。(一応伏せます 笑)
けどそれって「タイタニック」という映画を見る前に沈没することがわかってるようなもので
だからこそその過程のドラマやら、心境の変化を見てゆきたいと思うのだ。

「強さ」って、奥が深いっすよね。

---------------------------------

それから、新作映画ネタではもうひとつ。
「スーパーマン リターンズ」という作品も公開されるようです。
バットマンに引き続きって感じもします。

現在ネットで見れる予告編って、まだかなり小出しな感じですね。
あのテーマ曲を聴きたかったんですが、残念ながら流れませんでした。
ってか、あれ?どんな曲だっけ??
有名なやつ、ありますよね。ほら、『スーパーマンのテーマ』ですよ。
誰もが知るようなやつです。

思い出そうとしてもなぜか頭に流れるのは『スターウォーズのテーマ』(苦笑)
相当影響が強かったんですね。。
スーパーマンのテーマに関してはその後midiファイルを探してなんとか聴けました。
あー、これか〜!

最後に一言。
曲もさることながら、もっと有名な一節がありますよね。

「あれはなんだ!?」
「鳥だ!」「飛行機だ!」
「いや、ジェダイの騎士だ!」「デス・スターだ!」‥あれ?
posted by Azot at 01:56 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | -日記-
2006年03月07日
人から言われて「え?そうなの?」と気がつくという
どうやら珍しいらしい「習慣」ってありますよね。
「どうやら〜らしい」というのがポイントです。
自分自身はいたって普通だと思っているつもりなんだけど、
不思議に見えるらしいのです。

今日はコーヒーの習慣についてのお話です。
ちなみにAzotは大学時代に「コーヒーを愛(め)でる会」会長でした(笑)
単にコーヒーをよく飲んでいただけだけど‥
今でもコーヒーは相当好きです。特にスターバックスです!

私はまず、味見程度にブラックで飲みます。2口ほどです。
次にミルクを入れます。基本的においしいコーヒーはミルクのみです。
けど半分くらい飲んだら砂糖を入れだします。
一度に3種類の味が楽しめるわけで、非常に合理的だと思うんですけど
これがけっこう驚かれるんですよね。
特に砂糖を入れる時に
「え!まだ入れるの?」とかよく言われます。まだ入れてなかったんですけど‥。
「え!そんなに入れるの!?」ともよく言われますね。
最初に砂糖を入れてると思われるようです。2回入れてるように見えるんでしょうね。

別にだからと言ってなんだってわけでもないんですけど、
こだわりがあるんです(笑)
いろんな味が楽しめるということで、かなりお得な飲み方だと思うんですけどね。
posted by Azot at 02:37 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
2006年03月01日
しまった。2月は過去最低の更新頻度だったかもしれない。。
もう3月かよ!

---------------------------------------

最近、『笑いのセンス』というのを考えさせられることが多いです。
笑いって深いんですよ。
動きが面白い。言葉が面白い。
発想が面白い。展開が面白い。などなど。
何がどういうときに面白いのかって、論理的に説明するのは難しいでしょう。
あえて言うと常識を逸脱している時が面白く感じるのかも。

私はシュールな笑いが好きです。
松本人志の影響が相当でかいと思います。

先ほど、さらっと「常識を逸脱」って言いましたが
たぶんここがかなり重要なんじゃないかって思うんですね。
「誰もが認める普通さ」では笑いは起きないんですよ。
ということは、普段からいかに常識の枠組みにとらわれない視点や発想をするかが
重要なんだろうなって思います。

ありきたりだとわかっているもの(つまり理解できるもの)を
あえて違う視点から見直すことができるっていうのは
相当すごいことをしているような気もしますね。
相当重要なことをやってるような気もしますねぇ。
posted by Azot at 02:07 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
2006年02月16日


Azotは、現在およそ2日に1回ほど、メガネです。
たぶん。

メガネにゆかりのある友達(の友達)が、以前そういえば
「メガネ男子」をいう本について話していました。

このサイトがまたおもろい。
http://portal.nifty.com/special05/11/16/
2ページ目にある、「メガネ男子」初期ラフ全6パターン!が熱い。
まじめに企画してるんだろうけど、なぜか笑えます。
どのメガネが一番映えるのか??


[amazon.comの紹介文より]
ブログをはじめ、ネット界で話題騒然!
「メガネくんが気になる」「メガネがあれば男前3割増し」「メガネがなきゃダメなの」
そんな全国のメガネフェチ、“メガネ男子”好きの女性に贈る、ビジュアル満載、眺めてうっとり、本邦初の“メガネ男子”本、ついに登場です。
「メガネ男子名鑑」は総勢120名。プロフィール、メガネ写真はもとより、視力・メガネ歴・所有本数・ブランドも掲載。メガネ男子好きには堪えられません。
もう誰の目をはばかることもありません。声高らかに宣言しましょう。
私たちは、【メガネ男子】が大好きです!



ハハハハ。ウケる。
posted by Azot at 01:02 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
2006年02月07日
気持ちが率直に現れたタイトルです。Azotです。

「Burrn!!」誌でも広瀬編集長(だっけ?)が狂喜乱舞していましたが
かのRainbowのDVDが最近出たそうですね。
動くリッチーは案外見たことがないし、なんといっても
コージーとDIOが見たいのでこれは買うしかない!!

…とか思いながらも、もうけっこう日が経ってしまいました。
明日は買うぞ!

すぐ忘れてしまうんですけどね…。
posted by Azot at 22:50 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | -日記-
2006年02月02日
今日は友達と、その友人と3人でご飯を食べました。
始めましてな人なんだけど、なんとメタラーだった!!!!
しかも女性!!!!!!!
それなのにイングヴェイはおろか、デヴィンタウンゼントもグレンヒューズも知っている人。
とにかくどんなアーティスト名やアルバム名を振ってもことごとく話が合う!!
イェンスヨハンソン、ドリームシアター、マーティフリードマン、アングラ、
ハーレムスキャーレム、オジー、ディオ、レインボー、パープル、ジョンサイクス…
そしてなぜかマサ伊藤やキャプテン和田まで…

久々にメタラーである(はず)自分自身に自信が持てました(笑)
メタルって素晴らしい!!!
もう恥ずかしくなんかない!!

い、いや、別に恥ずかしいとか思ってないし!!


さぁこれを見ているメタラーのみんなも!
恥ずかしがらなくてもいいから、出ておいで!!
熱く語ろうぜ!



ちなみに言っておきますけど、
話が合ったからって別に心配しなくても良いよ。彼女さん(謎笑)
posted by Azot at 00:24 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | -日記-
2006年01月25日
Azotは昔ゲームブックに燃えていました。

知る人ぞ知るゲームブックの世界。
面白いのからつまんないのやチープなものもいろいろある中で、
Azotは「創元推理文庫」のものを主に所有していました。

以下の文章は、わからない人にはまったくわからないでしょうけど、
気にしないでください。

ともかく、日本のゲームブックで、一人だけ天才と呼ばれる人が存在します。
彼の名前は「鈴木直人」
TVゲームの影響によりどんどん衰退してゆくゲームブック業界の中期〜末期に
彗星のごとく現れた天才。
特に「ドルアーガ3部作」と「パンタクル」シリーズが有名(マニアの間で)

http://homepage2.nifty.com/amakakenomiyako/home/gb/suzuki.htm
↑これがドルアーガの塔3部作だ!パンタクルもあるよ。

時々「あ、おれもゲームブック知ってるよ」という人に会うことはありますけど
よくよく話してみると鈴木直人作品じゃないんですよね。
全然違うんですよ!!天才ですから。
そんじょそこらのゲームブック作家とは訳が違うのだ。
双方向システムや、フラグの立て方や、画期的なシステムを次から次へと導入。
一つの文化を作った人なのです。

だいたいそもそもゲームブックって単にぼけーっと読み進めていって
時々分岐が出てくるものだと思ってるでしょ?
鈴木直人作品はマッピングしないとクリアはできませんよ。

特に「パンタクル」のシステムの複雑さと完成度は相当有名(マニアの間で)
ラストダンジョン「鬼門石窟」のアイデアは神の領域です。

※一応解説
「鬼門石窟」はそれ自体が9×9のダンジョンなのですが(4階立て)、
1Fの部分が1ブロック東西南北にスライドさせることが出来るのです。
これをスライドさせることによって階段を上がった行き先が変わる、ということ。
わかりますか?これをゲームブックで実現しているんです。鈴木直人天才!!


今日はちょっとマニアックすぎたかな…
同士求む!!

あ、「ウルフヘッド」シリーズもかなり燃えました。
posted by Azot at 00:48 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
2006年01月24日
今日はたまにはこんな話題で。
なんとなく昔の私の日記みたいです(笑)


・相手の気持ちを考えろよ!
・ひとりで生きてるんじゃないからな!
・おまえのためを思って言ってるんだぞ!
・もっと素直になれよ!
・一度頭を下げれば済むことじゃないか!
・謝れよ!
・弁解するな!
・胸に手をあててよく考えてみろ!
・みんなが厭な気分になるじゃないか!
・自分の好きなことがかならず何かあるはずだ!


これらは、私が大好きな「中島義道」さんの著書「私の嫌いな10の言葉」において
挙げられているもの。
共感できるものもそうでないものもあるけど。


ちなみに、今日はそんな「私の嫌いな言葉」を挙げてみます。

まず、最も嫌いな言葉がこれ。シチュエーションに関わらず嫌な気分になります(苦笑)
「もっと簡単に考えてみなよ」
これです。ああ、むかつく。。

よくよく考えてみれば、「簡単に考える方法」とかありますか?いや、ないでしょう。たぶんない。
それがわからないから目の前の問題が解けないわけですよ。
しかもこんなことを言われるとわざわざ物事を難しく考えているみたいですよね。
冷静になって考えてみてくださいよ。いやほんと。
「物事を難しく考える」ことにメリットや意味なんてどこにありますか?
「具体的に考える」「抽象的に考える」「全体的に考える」…全て意図があるし、そのためのやり方があります。
けど「難しく考える」ことに意図なんてないし、やり方もわからない。

あーもう。つまり、こう言いたいのです。
解決できる問題とは、つまり簡単な問題。
解決できない問題とは、その人にとって難しい問題。
相対的なものではないのです。
だから、第3者が簡単とか難しいとか言い出すと無性に腹が立ちます。

さらにこの発展系がこれです。
「Azotくんは頭がいいから、難しく考えちゃうんだよ」
これね。
ある問題を前にし、実際で私が困ってるとしたら
「Azotくんは頭がいいと思ってたけど、この簡単な問題を
 解けないでいるってことは…実はバカなんだね」
と言われてるような気がします。
ここまで考えて一人で腹が立つのは私だけでしょうか??


他にも、こんな言葉が嫌いです。
「わかりますか?」「大丈夫ですか?」
わからないから困ってるんだよ!
大丈夫じゃないからとまどってるんだよ!
いちいち言うな!

みたいな。


最後はこれ。
「絶対○○だって」
お前の絶対とはなんやねんと言いたくなります。確証はあるのんかいと。
自分の価値観を押し付けようとしているだけじゃないか!
だったらそう言えばいいやん!
posted by Azot at 01:49 | ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | -日記-
2006年01月12日





質問 今これ見たアナタ!このサイトは何度目ですか?投票してみよう!!


まったくの初めて

2回目

数回訪れたことがある

10回くらいかな

数え切れないほど

というか、常連だ!







- アクセス解析 -




結果


過去の投票


FC2ID




posted by Azot at 22:52 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
2006年01月11日
今日は本当は
http://freett.com/ruinzfate1/
↑このサイトの人、ギター巧いよね!
という話題について書こうとしていたんです、そうなんです。けど…
改めて聴いてるうちになんか違うぞって思ってしまいました(汗)
そう、「ネットで知った巧いギタリスト」と言うとやはりKellySimonzです。
気が付いたら私は久々に彼のサイトを訪れていました(笑)

KellySimonz Official Website


もちろん、私とて音楽好きのメタラーのはしくれ。
ギターが速けりゃ巧いのかっちゅうと、そういうわけではございません。
しかしね、イングヴェイを聴かせて「速いねー。巧いねー。すごいねー」とか
抜かしてるうんこ野郎(すいません下品でした 笑)にはもっと勉強しろよと言いたい。
だって世の中にはこんなすごい人だっているんだから。しかも日本人で!

ってかこれとかマジすごいっすよ!!!
http://kellysimonz.jp/mi_hiroshima.mpg

しかしこれの後半の泣きもやっぱりすごいのだ。
http://www.kellysimonz.jp/miosaka_ceremony.mpg

恐るべしKellySimonz…
posted by Azot at 02:16 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
2006年01月09日
今日は三連休最終日ということで、友人とオサレなカフェで
のんびり談笑していました(笑)

いきなりですが、みなさん「ミルメーク」ってご存知ですか??
給食に出てくるメニューで、牛乳に混ぜて入れるんだそうです。
あったようななかったような…。
牛乳と混ぜて、ムース状(ゲル状?)のものを生み出すという
メニューもあった気がしますが、それと混同しているかもです。
なにぶん遠い記憶なので微妙です(苦笑)

こんなやつです
どうだったかなぁ…。あったっけなぁ……??


給食ネタと言えば、こちら

論争 はしでカレー 学校給食4割スプーン使わず

カレーを箸で食うという時点でありえないと思うんですけど。
カレー丼みたいな発想なのかな。
いやでもやっぱりスプーンだろう…。
posted by Azot at 19:09 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(1) | -日記-
2006年01月02日
カウントダウンの瞬間は友人宅で酒盛りでした。
Azotです。(笑)

今年も-Believe-をよろしくお願いします。
サイト自体はもう何年も前から存在しているので
今更かしこまる必要もないんだけれど、ブログはまだ1年経ってませんね。
今年もがんばって更新してゆきますよ。

ところで、発表が遅れましたが2005年ベスト企画を発表します!
候補が少ないので、無理せず今年はベスト3にしておきました(苦笑)
今年はもっといろんな作品に触れるぞ!


******* 2005年ベスト! *******

ちなみにこれは、2005年発売かどうかではなく、
「Azotが2005年に初めて楽しんだ」ということが前提の
極めて個人的なランキングです(笑)

ベストアルバム
1、Unleash the Fury / Yngwie J. Malmsteen
2、Octavarium / DreamTheater
3、Follow The Reaper / Children of Bodom

ベストチューン
1、Be My Last / 宇多田ヒカル
2、Octavarium / DreamTheater
3、Guardian Angel / Yngwie J. Malmsteen

ベストムービー
1、スターウォーズ
2、バタフライ・エフェクト
3、バットマン・ビギンズ

詳細はこちらをどうぞ!
posted by Azot at 01:57 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | -日記-
2005年12月22日
そう、そういえば行けなかったんですよ、イングヴェイのライブに!
決して忘れてたわけではありません。
訳あって調整中だったんですね。
というか、めんどくさがりな私がスケジュール調整を遅らせていたことが
悪いのですが…
気が付いたらもう追加公演のしかも2階席しか空いてなくて断念しました。
2階から見下ろすマルムスティーンなんて嫌だ!
目の前で見るんだい!
というか、スタンディングじゃなきゃ!

なんてね。いい訳はナンボでも言えます。
けど重要なことは、行かなかったってことなんすよ。
うわーーーーしまったーーーーー
やっぱり行きたかったな〜 ちきしょう!

次回は会いに行くぜ!マルムスティーン!

---------------------------------


ところで、メインサイトが今開けなくなってます。
すんません。
レンタルサーバーの更新作業中です。
今しばらくお待ちを。。
というか、メインサイトからこっちに来る人もいまだ多いみたいだから
この記事自体も気付かないよな…
posted by Azot at 01:16 | ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | -日記-
2005年12月21日
先々週、友人達と鍋を囲んでる際に突如湧き出た話題が
この「GoogleEarth」でした。
なんかめっちゃリアルな地図が見れるらしい。
衛星の画像らしい。
みなさんご存知ですか?
他の友人にも何人か聞いてみましたけど、けっこう有名らしいですね。
まだ知らない人はぜひ使ってみてください!

GoogleEarthはこのへんからインストールするとわかりやすそうです。
http://banto.net/

まだ適応地域に差はありますが、とにかくめっちゃリアル。
日本で言うと東京の細部まで見れます。
車まで確認できるほどのリアリティ。
皇居も見れるぜ。こんなことアリなのか??
しかも世界中も旅できます。空を飛んでる感じ。
恐ろしい技術の進歩ですな。
実際にこれを機にしていろんなアイデアが出てきてるみたいです。

ま、とにかくまだ知らない人は試してみて!
驚くから!
「GoogleEarth」!

その他気になる記事。ご参考までに。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20050629204.html
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20050414203.html
posted by Azot at 01:22 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | -日記-

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。